創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たのしさむずかしさ
c0090380_9424591.jpg


矢野きよ実さん作の 「聞く」 です。
ホントこの字は気になります。  なぜかといえば…

自分で考えて、自分で行動すること。
それに結果がついてくることは、とっても楽しいことです。

しかし、一人一人に
「おいしい」とか、「素敵」と言ってよろこんで貰いたくても、
何か決まった基準があるわけではありません。

一日何個作らなきゃいけないから、良い。
一日何個売れたからから…。

私達生産者は、(結果として)そうやって判断することはあるのですが、

一番肝心な、「何故、喜んでもらえたのか?」そうしたキモチや、
具体的に何処をどうすればいいのか?  ということを、
ひとつづつ、お客様に指示してもらえるわけではないのです。

「おいしかった。」という感想にも、 たくさんの感情がこもっています。



だから、際限なく 「聞く。」という作業が必要になります。
これは、新しいお菓子を作るときだけでなく、 日常的に作っているお菓子でも同じです。

一見、もう決まってしまっているような製法でも、出来上がりがいつも同じとは限りません。
同じように召し上がったお客様が、いつもニコニコお帰りになるとは限りません。


食べてどう思ったか?
先回と較べてどうか?

いま、どんなことを考えているか?

雑な言い方ですが、同じような仕事でも
「お菓子を通じてお客様に喜んでもらう。」という目的は決まっているのですが、
やり方は、いつも考えて取り組まなければいけないのではないかと思います。



自分の周り全部に言えることですが…。

誰かと一緒に何かすることは、楽しいことです。
相手のキモチも、自分達の気持ちに照らして考える。

もう一度、自分で考えて、自分で行動する。

そのとき相手も一緒に喜んでくれたら、
   きっと何倍も嬉しくなります。 きっと。



…夫婦もですけど   ね。笑
[PR]
by chun-suke | 2009-06-27 10:12 | 仕事日記
<< キング まっとがんばらんと。  その前に。 >>
このページのトップへ