創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
嬉しいこと。
c0090380_17333751.jpg

先日、名古屋にあるお菓子の訓練校で「ういろ」の講義をしてきました。

そこではお菓子屋さんで働いてる人が多いのですが、ある生徒さんに、
「雀おどりさんは、お店としてどんなところに一番気をつけていますか?」と質問されました。
いきなり直球の質問で、ちょっと、考えさせられましたが。

やっぱり答えは、「人」です。

仕事をしていて嬉しいことも悲しいことも、
全て人から届けられます。

・・・・・・・・

その①
きょう、ある公共施設の窓口で申込書に名前を書いたら、
受付の素敵な女性に
「雀おどりさんですか?」と話しかけられてびっくりしました。

自分の名前しか書いてなかったので、
「どうしてわかったのですか?」と尋ねたら、
「お名前がブログに出ていました。」(もちろんこのブログのことですね。)

夕方で、結構急いでて (←いいわけ)、携帯片手に
正直ぶすっとしていたので、しどろもどろでご挨拶しました。あせる~。

でも、とっても嬉しかったので、次回ちゃんとお礼言います。


その②
来月退職する製造のW君。彼は入社してまだ1年半。
次の仕事見つけて転職する様子。

結構期待していたので、菓子学校にも入ってもらってた。
その途中での一方的な退職に、正直頭にきて怒りまくったが、
次の日彼の仕事の引継ぎのために、一緒に餡を炊くことになった。

彼の餡の炊き方の説明・注意点を聞いているうちに、
一年そこそこのキャリアの中で、一生懸命やっていたことがよくわかったので、
私の気持ちも、少し落ち着いた。

彼の炊いた餡は、すっきりと美味しかった。

だから、辞められるのは本当に痛いけど、
周りに聞けば、健康上の理由もあるとのこと。

…そうだね。
一生の仕事にしようと真剣に思うなら、向き不向きもとても大事です。

今は、短い間でも一生懸命仕事した彼がいたことが少々嬉しく、
いきなり退社するような彼の前途に、幸多かれと思います。

理由はひとつじゃないと思うけど、期待に添えられなくて…ごめんよ。


その③
写真の女性は私の妻です。
まだ結婚して2年にならないですが、
それでもこうして一生懸命やってくれています。

お店に季節のお花を飾ったり、メニューを考えたり、店番もやってくれます。
また、毎日工場から届くお菓子をどんどん味見して、
どんどんお客様に話しかけて、いろいろ感想を教えてくれます。

唯一の悩みは、食べ過ぎちゃうことらしいですが、
おいしいおいしいと一日にういろ5個は食べてくれる自慢の嫁です。
(太ったからって文句言ったら、バチがあたりますね。笑)

・・・・・・・・・

良いお店も、悪いお店も全部「人」で決まります。

毎日の嬉しいことの積み重ねをエネルギーにして、
それでも少しづつお菓子を載せるウツワを磨いていきたいです。
[PR]
by chun-suke | 2006-10-22 17:48 | 仕事日記
<< 栗蒸しういろ とは? ごちそうさまが聞きたくて。 >>
このページのトップへ