創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もう一度来てもらえる店作り
c0090380_17462551.jpg

ずいぶん寒くなりました。
家の前の桜の葉もすっかり色づきました。

気がついたら、
このブログも何も更新がないまま10月もとっくに終わり、
11月も終わりに近づいています。

・・・・・・・・・・

和菓子屋として、ショックなことが続きました。
先日は近県の老舗和菓子店の件で、ずいぶん新聞紙面がにぎわい、
毎日それを読みながら、様々な思いが逡巡していました。

歴史のある味わいで広範囲の販売網を持ち、
観光業を中心に地域・街作りを実現し、
多くのお客様に慕われて、信頼されていました。

私は、菓子屋として尊敬してました。
同業に身をおくものとして、やりすぎてしまった残念な部分とやりきれない部分。

今回マスコミには取り上げられませんでしたが、
365日休むことなく努力されてきた多くの方のご苦労を想うと、
世間に対して説明できない悔しい部分も混ざったまま時間が過ぎていきました。

その間、何を書いても嘘になってしまようで、黙って通り過ぎることもできませんでした。

はっきりしたことは、
江戸時代創業で最先端の設備の和菓子屋といえども、
取り巻く世情から、無関係でいられないということです。

   …大変な時代になってしまったと、嘆く感想も持ち合わせています。

しかし、私たちの祖父は戦争中に砂糖がない時代にも、
「菓子屋」の暖簾を下ろさず、あきらめずに生き抜いてきました。

だからこそ、今日の私たちのお店の基礎があります。
だから彼らも必ず復活します。

先輩に感謝しなければいけない私たちは、
まだまだ恵まれすぎた時代を生きています。

・・・・・・・

雀おどりの目標は、「もう一度来てもらえる店づくり。」

世の中には、「良いお店」たくさんありますが、
実際に使ってみて、「もう一度来よう。」と思ってもらえるお店は満足度がぜんぜん違います。
そこを全員で目指します。

日頃から店内では伝えていますが、
現実には社長である私も含め、ひとりひとりはまだ弱いです。

先日もブログで接客について、お客様から厳しい感想が届きました。
失敗と反省とあたらしい取り組み。また、ひとつ材料をいただきました。


いたらない点はまだまだあると思いますが、
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by chun-suke | 2007-11-23 18:09 | 仕事日記
<< 欣喜雀躍 きんきじゃくやく 今年のお月見は9月25日です。 >>
このページのトップへ