創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いらっしゃいませ。
c0090380_2140114.jpg

不思議なことに、(自分の体験から考えると)
「この店には、もう二度と行かない。」と決める理由は、たいがいヒトです。

本を買いに行っても、洋服のお店でもそうです。
嫌な接客されると、「もう、行かないもん!」とプンスカします。

腹立たしいから、呪いの言葉を考えながら
「どこがいけないかなんて絶対教えてやるもんか!」と思います。

だからお店側の私たちは、お客様の顔色をよく見なければいけません。
どんな表情しているのか、どんな気持ちでいるのか?

叱っていただける方は、ありがたいです。
召し上がっていただけたから良い。 というものではありません。

私自身も、怖いから時々お支払いいただく前に「おいしかったですか?」と、お尋ねします。
(すこし…変ですかね。笑)


初めてご来店いただくお客様は、どうしていらっしゃるのでしょうか?

きょう私が初めてお会いするお客様は、まだ私のお客様ではありません。

私以外の誰かが、以前接客したお客様かもしれません。
誰かに薦められたのかもしれませんし、
どこかのガイドブックでご覧になったのかもしれません。

そうした場合、過去の誰かのお陰で紹介いただいたお客様と言えます。

だから、最初からの期待に応えるよう、きちんと接客しなければなりません。
(だって、自分の力ではないですからね。)

・・・・・・・

帰り際に、「ごちそうさま。」と言っていただくことがあります。
私たちも「お気をつけて。」と言いながら、ホッと胸をなでおろします。

きっと自分の仕事に、すこし満足いただけた瞬間です。
「ありがとうございました。また来てくださいね。」と続けます。

いただいたバトンを、次につなげるように。
まるでリレーの選手のように。

私たちは、そんなに特別な商品を扱っているいるわけではありません。
誰にでも喜んでもらえるモノを扱っています。

私たちも、まだまだ充分ではありません。
店だって旧いし、小さいし。

だから誰にでも喜んでもらえるよう、さらに美味しくなるように
いろいろと心がけなくてはいけませんね。


(ちなみに雀おどりは、写真の中央ぐらいです♪)
[PR]
by chun-suke | 2007-11-25 22:02 | 仕事日記
<< 人の世は、夢見て暮らす夢のまた夢。 愛情の反対語は、 >>
このページのトップへ