創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秘伝の味
c0090380_8332362.jpg

秘伝の味、と聞くと①何やらすごいの想像するか、
②とってもコケオドシめいたものを感じて評価が下がるかどっちかだろうと思います。

まあそれは、どっちでもいいのですが
お菓子屋の仕事などは、基本毎日なので「秘伝」という言葉は使わないようにしています。

まあ、社内では誰にでも教えますからね。
仕事ですから。

むしろ、「家伝」という言葉がぴったりくるので好きです。

同じお菓子の作り方でもさまざまなアプローチがあります。

修行時代、とても有名な和菓子屋さんに世間話で花びら餅の作り方を尋ねたところ、
実際に工場の中まで案内してもらい、実際の道具(しかも自作!)と
配合まで教えていただき大変恐縮したことがあります。

専門雑誌の職人の配合見本だって、
でたらめ書いてあるような閉鎖的な和菓子業界ですので。

あまりにも開けっぴろげでそんな人いないので、
驚いて、どうしてそこまでするのかと尋ねたところ、

「全部自分で考えたことだ。自分で考えて工夫したから実現した。
人に聞いても同じようにやる奴なんていないし、近道通ろうとする奴は、最後までやらない。
まして、話聞いただけで同じものができるような簡単な仕事はしていない。」

と、自信たっぷりにお話されたのを思い出します。

あんまりかっこいいので、真似して
あるTV番組の取材でトコロテンの味噌たれの製法を尋ねられ、
レシピや作り方まで答えたところ、
「教えすぎではないか?」と、社内で問題発言になってしまいました。笑

それ以来、自分で考え出した配合以外は、
エチケットとして人に言わないようにしています。

自分で考えたものは、人に教えます。
(でも、不安なのであんまり聞かないでください。笑)

ちなみにウチの妻は、
学生時代にお菓子や料理が美味しいお店があると、
よく作り方を電話で問い合わせたそうです。

ウチにはそんな電話かかってきたことないですが。

…恐るべし。
[PR]
by chun-suke | 2008-01-20 08:45 | 仕事日記
<< そろそろ春ですか、まだまだ寒い。 100年仕事 >>
このページのトップへ