創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
すずめ踊りのショウゲキ。
c0090380_18101878.jpg

先日の日記のコメントで、お誘いただいていた「堺すずめ」さんからのご紹介で、
きのうは堺祭りにお邪魔してきました。
当日は、仙台から「すずめ踊り」も参加するからです。

(ご縁をいただいた 堺すずめさん、仙台すずめ踊りの皆様、
本当にありがとうございました。)

もともと「すずめおどり」は、
400年前に仙台の城の築城のときに遠く関西の堺からつれてこられた
石工たちが石垣の完成を祝って、喜び舞い踊ったと言うのが始まり。
かの伊達政宗公も一緒になって踊り、絶賛したという事です。

この踊りを仙台で見た方が、是非、堺でも復興しようと
毎年春の仙台・青葉祭りと、秋の堺祭りで交流を始めたのがかれこれ4年前。

ルーツには諸説あり、
私もうわさには聞いていたのですが、
なかなか仙台までお邪魔することもできず、
ネットなどで写真でみることはあっても現物を見るのは初めて。

夢にまで見たすずめ踊り。
生まれて初めて見るすずめ踊り。

ずっと馴染んできた雀おどり。
生まれてから38年間、私の柱であった雀おどり…。
きっとウチの爺さんも生涯付き合いながら、
生涯見ることのなかったであろう、雀おどり。

一族150年で、たぶん初めて見ることになるスズメオドリ。
(うわあ、見たかったような、見たくない様な…。)

・・・・・・・・・・・・・・・・

混乱する気持ちで見ている私には関係なく、(そりゃそうだ 笑)
踊りは、ザビエル公園の特設ステージで
勇ましい口上とともにはじまりました。  

感想から先に言うと。 期待以上、素晴らしい踊りでした。

いや、皆さん機会があれば絶対見たほうがいい。
お世辞まるで抜き。

まさに、欣喜雀躍。 粟立ちました。
ちょびっと不安だった分、脳みそまで痺れるような踊りでした。

軽快な鐘や、数人の和太鼓や横笛でリズミカルに始まり、
鈴の音で50人ぐらいの手に手に扇子を持った踊り手たちが、
素晴らしく楽しそうに笑顔でおどり続けます。

そのバリエーションも単調ではなく、
次からつぎに様々な、まるで演劇でも見ているかのような。
まさに踊り手の笑顔が一体になったような、
(気持ちを文章で伝えるのは、無理ですね。あきらめます。…)

わたしが一番必要としている、
気持ちを代弁するような「豊かな」踊りでした。

(あ~、ちょっと一回じゃ消化しきれないので … 続く。)
[PR]
by chun-suke | 2008-10-19 18:34 | 仕事日記
<< 仲間。 仁者に敵無し >>
このページのトップへ