創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
そこ知り坂東リサーチフェア 2006/9/20~26
c0090380_15175132.jpg


2006/9/20~26まで、名鉄百貨店にて催しいたしました。
突然坂東さんがやってくるCBCの人気番組。

過去に紹介されたお店を集めた企画販売です。

芋ういろ、黒ういろ、一口ういろ、蕨餅、味噌ところてん等。
秋のお菓子が並びました。

お世話になった皆様に感謝。
[PR]
by chun-suke | 2006-09-20 15:13 | ご紹介いただきました。
ハシと箸で、橋になれ。
c0090380_1642523.jpg


雀おどりにご来店いただいた際に、
気をつけていただきたいことがひとつあります。

それは、「箸」

雀おどりでは、この赤い塗り箸を使用後お持ちいただけるサービスをもう何年もやっております。

輪島の箸屋さんにお願いして作ってもらってる、由緒正しいオリジナルです。
真っ赤な箸を見るたびに、お家で雀おどりを思い出してね!というう気持ちです。

ちなみに常連のお客さんの家では、箸立がマッカッカみたいです。

・・・・・・・・・・・

また年末年始は、
一年の商売の無事を感謝して「干支柄」の箸を、限定色違いでご用意。

クリスマス翌日から、限定1000膳のご提供です。
ちなみにこれは朱色で申年です。



c0090380_1645777.jpg


ただし、もっともご注意いただきたいのは、
箸を使うメニュー食べないと、もらえないこと…です。笑
[PR]
by chun-suke | 2006-09-17 16:58 | 仕事日記
縁は異なもの、味なもの。
c0090380_15401058.jpg


とか何とか言いますが、
出会いのパターンは、大きく分けて二つあります。

ひとつは、あたらしい出会い。 
もうひとつは、過去との再会です。

私も実家の和菓子屋の暖簾をくぐって早8年。
いくつもの面白い出会いがありました。

今日は、過去との再会のお話です。

上の画像は、おそらく50年ほど前の折込新聞広告です。
「値下げ断行!」と朱書きしてあるので、ちょっと売上が厳しかったのでしょうか?

(爺さんの苦労を知り、今も商売の戒めのために店の奥に飾ってあります。笑)

・・・・・・・・・・・

3年ほど前、
初めて出席した飲み会で向かいに座った方に自己紹介。

即座に、「ウチに面白いものがあるからいらっしゃい。」
と言われて、翌日ノコノコ出かけたら、このチラシをさらっと頂けました。

何でも先方は代々、掛け軸なんかを作る表具屋さんで、
ちょっとした思い付きで50年間新聞にはさんであったそうです。

退色も無く、保存状態もほぼ完璧。
(もちろんウチには一枚も残ってません。)

こんな出会いの瞬間は、本当に鳥肌モノです。
本当にありがとうございました。

先人たちに感謝しながら、ご紹介させていただきます。
[PR]
by chun-suke | 2006-09-17 16:07 | 仕事日記
このページのトップへ