創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Tさんのこと
c0090380_23434680.jpg

当店の最高齢顧客でTさんという方が見えます。
今年でなんと95歳。ご自分で車を運転していらっしゃいます。

Tさんは、自動車屋さんで若いころ実はうちの爺さんと仲が良かったらしく、
昔の話を良くされます。
戦前の名古屋の街並みの話を昨日のように生き生きと教えていただけます。
大須や中村の遊郭で遊んだ話や、戦争ですべて失くした話。
たくさんの友人の方の話、株の話、仕事の話、人生訓や処世術のことを面白おかしく教えていただきます。

Tさんお教えはすべて経験です。笑

「世の中で大事なことは3っつある。 1番目が健康、2番目が信用、3番目がお金だ。
この順番さえ間違わなければいいぞ。」

「仕事のお客さんは、一流と付き合え。そうすれば間違いない。」

「今の世の中は売れなくて何ぼ。売れなくて店が潰れないなら、怖いものないぞ。」
「戦争3回、地震は2回、大型台風は1回経験したぞ。

きのうまでの資産が、あっという間に負債になるぞ。」

「人に言えない苦労でもっと会社を大きくすることと、
有り金全部使って無一文になる生き方とどっちが幸せだ?」

なにやら、95歳とは思えない非常にビジネスライクで実践的な教えですが、
やはりこうした方と知り合える仕事は、「ありがたい」ですね。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-19 23:44 | 仕事日記
嗚呼、味噌ところてん
c0090380_1831545.jpg

今日お店に、TVの方が「味噌ところてんを取材したい。」と来店されました。
すごく嬉しかったので、喜んでお話を伺いました。

でも何だか番組の内容が、愛知の変わった食べ物。
みたいなお話で、「なんと味噌味のところてんがあります!」という
『仰天グルメ』っぽいお話でしたので…。
…嬉しさ反面、心中少々複雑です。

変わったもので、話題作りという気持ちでやってるのではなくて、
昔爺さんが子供のころに食べた味を再現してみたものと聞いています。

お客様に、もう一度来ていただけるような店をいつも目指しています。

テレビに取り上げてもらえて一番喜んでいただけるのは、いつも使ってくれるお客様。
あと、毎日通ってきてくれるスタッフだと考えています。

できれば、いつも食べてる方が喜んでいただけるよう
きちんとご紹介いただけるようお願いしました。

それにしても…赤みそのところてん。
創作でも冒険でもなく、普通に自然においしいと思うんだけどなあ…。笑
[PR]
by chun-suke | 2006-11-19 18:04 | ご紹介いただきました。
東京行ってきました。
c0090380_1232144.jpg

きょうは、お休みとって東京へ行ってきました。 銀座の歩行者天国です。
新しいお店も、古いお店もがんばっててたくさんエネルギー貰ってきました。

やっぱり名古屋が好きですが、たまには旅行者になると、逆に日常的に見過ごしていることにいろいろ気が付かされますね。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-19 01:27 | 仕事日記
紅白飾り
c0090380_8194068.jpg

今日は日曜日で工場はお休みですが、
明日納品の紅白飾りがあるので朝から餅作りました。

上下で3升(約6キロ)です。
上のもちを「ホシ」、下のもちを「台」といいます。

もちの配分は、2:3で、ホシをこんもりと背を高くして
台をなだらかにするとかっこ良く仕上がるといわれています。
(形の好みが東西で違うんですよ。関西では、比較的ペッタリとしているそうです。)

温度と硬さをうまく餅を練り込むと、
表面がピカピカに仕上がりますが、やわらかいとだらっとします。

もちろん餅なので、出来上がってから、自重で表面がゆるゆると垂れ下がります。
冷ますのもポイントですね。

お客様の会社の創立記念に使うそうなので、びしっと仕上げました。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-05 08:28 | 菓子の記録
墨流し
c0090380_22123557.jpg

越前和紙で有名な福井県越前町へ行ってきました。
お菓子の包装に和紙とか使いたいと思ったのです。

以前からお願いしている和紙問屋さんに、街を案内してもらいました。
そこで、伝統的な和紙を作りながら、「墨流し」という技法を見せてもらいました。

こうして、波紋状に拡げた墨をそのまま紙に転写する技法です。

ご主人曰く、手仕事は手が忘れないように何度もなんどもくりかえすことが
肝心だそうです。

…そうだよねえ、そうだよねえ。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-04 22:13 | 仕事日記
何ができるかな?
c0090380_16484932.jpg

これがういろなんかを蒸す蒸篭です。
本来は木製が基本ですが、
実際は、耐久性やにおいの問題からプラスチック製のものを使います。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-04 16:50 | 仕事日記
隣は神社なのです。
c0090380_16402212.jpg

名古屋市の郊外、清須市にある
雀おどりの工場の隣には、少し広い神社があります。

朝には季節の鳥が訪れ、四季の移ろいもわかります。
お祭りや、大晦日なんかは賑やかですが、
あとは人影もなく静かです。

それでも大切に毎朝掃除する人があり、
おかげで、春になったらお花見することもありますよ。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-04 16:41 | 仕事日記
一生懸命
c0090380_22433556.jpg

きょう、先週面接した来春卒業予定で、入社希望の高校生が
初めてアルバイトで仕事に参加しました。この3連休毎日参加です。

やっぱり、一緒に仕事してみないと、どんな子かわからないのです。
面接だけではぜんぜんわかりませんし、
それは当人も同じでしょう。

やっぱり、お店はメンバーが一番大事。
だから、お互いよく理解するためにまず一緒に汗をかきます。笑

特に当店は和菓子屋ですが、実際働くと本当に忙しくて、
アンミツやカキ氷で戦場みたいになります。はい。

今のスタッフも、あいさつや声の大きさは相当鍛えられてます。

だから、「老舗の和菓子屋ならできるかも?」みたいな、
甘い夢の人はあまりのスピードに大抵一日で音を上げます。


・・・・・・・・・

仕事の目標は、お客様にもう一度使ってもらえるお店作り。
仲間かどうかの目安は、相手への思いやり。
(まあ、私もまだまだ難しいですが…。)

具体的に大事なことは、次の3つをどれぐらい元気にできるか?です。

1. あいさつ     2. 返事       3. 表情

この3つが大事なことは面接でみんな納得してくれますが、
一緒に仕事してみると、どれぐらい同じ気持ちでいるか、すぐわかります。

言葉の通じない外国でも、これだできれば友達ぐらいできるでしょう。

・・・・・・・・・・

今日のMさんは、ドラゴンズの優勝パレードと重なってしまい
緊張してるのに初めの日からすごく忙しくて
映画の「千と千尋の神隠し」みたいになってましたが…。
まだ2日あります。

自分の人生、自分の仕事。
選ばれるのではなく、自分が選べる位にがんばって欲しいのです。
誰にでも可能性がある。 

がんばれー。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-03 23:10 | 仕事日記
叱られる。
c0090380_18191620.jpg

仕事をしていると、叱られることもあります。
この年(36歳)になっても叱られます。笑

「もっとちゃんとしてください。」 とか…笑
さっきも、何気なくやったことで10歳も若い職人の子に叱られてしまいました。

後になってからわかることも多いけど、
叱る時、叱られる時に一番大事なのは、相手に『愛』があるかどうかだと思います。

世の中で一番愛のない行為は、「無視」すること。
(「しょうがないなあ~。」とか、「嫌われたくないから…」とか。)

仕事である以上、できることなら「仲間」で、
面倒くさがらずに励ましあうような少々クドイ人生がよろしいですね。

ひとりじゃムリ。何もできません。
[PR]
by chun-suke | 2006-11-02 18:22 | 仕事日記
このページのトップへ