創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
街の移り変わりと市外局番とゴミ
c0090380_17591298.jpg

名古屋の街も大きく変わり、「巨大な田舎」といわれた時代を忘れたように
都市として全国的に意識されることも増えてきました。
(前述登場お客様のように、大阪と較べること自体畏れ多いといいますか…。)

しかも名古屋の人がそれに気がつき始めている。笑

雀おどりのある南大津通りにも、百貨店以外に
グッチやプラダ、アップルストアーやGAPなんかも軒を連ねています。

最近名古屋駅前には、
トヨタが本社を移してシックなランドマークをオープンさせました。

名古屋は、知らないうちに「観光客」の方が歩く街になりました。
京都や大阪、静岡から遊びに来る人がいます!

ちょっと前は、用が無ければ立ち寄らない人が多かった…。笑

・・・・・・・・・・

写真は(名古屋の人は誰でも知っている)、老舗デパートの「松坂屋」です。

この眺めは子供の頃から変わりません。
何せ大正時代の建物だと聞いています。

うちの古い木の看板や印刷物や法被にも、わざわざ「松坂屋前」と書いてあります。
周囲のお店からも、それだけの愛着があったわけですね。

チラシや包装紙などの古い印刷物に、もうひとつ共通点があります。
それは「市外局番が書いて無い」こと。

たとえば、名古屋だと052、東京03とか。
名刺や広告でも省いてあること。 時々無いですか?

それ以外の地方は、意識していないということでしょう。

「電話せんでもいいよ。」という感じ。
まんま商圏の大きさがわかりますね。

だから、京都や金沢など古い町で買ったものの包装紙に
市外局番が書いてないと、妙にありがたい気がします。(僕だけか…。)

逆に東京青山や銀座とか、横浜中華街とか、大阪ミナミとかnewyorkとか
なじみある地名も屋号の前にわざわざ書いてあると、全国で(世界で)勝負してる気がしますね。
(そんなことないですか?)

雀おどりでも数年前から屋号の前には、「なごや 栄」と書くようになりました。
地元の人が見たら、まだまだ「?」ですかね…。笑

しかし、志は高く。

・・・・・・・・・・・

20年前に初めて東京へ旅行したとき、
人とビルと、歩道のゴミの多さに驚きました。

たぶん、街の外から関係ない人が入ってくるから、
ゴミが多いんだろうと思いました。

自分の家の近所で、そこらへんにゴミ捨てる人はいませんよね。

「いま自分がいるこの街は、自分にとって(興味はあるけど、)あんまり関係はない。」
だから、ゴミ捨てられるんですね。 

愛着があるかないかの問題です。

週末、店の前の歩道に散らかるゴミが増えたのは、
名古屋が街になった証拠なんだろうなあ。と、溜息ついてみたり。


いろんな影響が、そこかしこで生まれてるんでしょうねえ。
[PR]
by chun-suke | 2007-03-11 18:00 | 仕事日記
赤えんどう豆
c0090380_1740198.jpg

豆羹です。

最近、赤えんどう豆は自家製に切り替えました。
残念ながらこの地方では入手しにくいそうです。
(浅草で食べた豆羹が美味しかったので、悔しくて切り替えました。笑)

一晩水につけて、塩水で炊きあげます。

たったそれだけのことですが、これがとても美味しいのです。
念のため他所に負けないよう、自家製の宇治蜜もお薦めです。

基本の美味しいものを作ること。
何より仕事の自信につながります。
[PR]
by chun-suke | 2007-03-11 17:40 | 甘味の記録
春のあんみつ
c0090380_17225880.jpg

雀おどりでは、あんみつの内容が季節で変わります。
小倉餡・寒天・白玉・求肥・羊羹・赤えんどう豆は通年で入っています。

さらに、春は、苺。 夏は、杏。 秋冬は、栗です。

これにわらび餅とアイスクリームを追加すると「わらびクリームあんみつ」になります。
(かなりお腹が膨れますので、お昼代わりに召し上がる方もいるみたいです。笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

きょう、店番してたら「ああ、この兄さん知ってるわ。」と
お客様からいきなり声かけられました。

なんだなんだと驚いていたら、
しばらく前にご来店のときに名古屋の名物について雑談したそうです。
(うっかりしてました。笑)

きょうも大阪からお友達とお食事にいらした様子。
しばらく楽しそうに名古屋談義されていました。

大阪はとても大きな街ですから、較べることはできませんが
自分が住んでる町のことは外に出ると良くわかりますね。

それに、ちょっとした季節の流れがおまけでついてきて…。



…すいません、苺から無理やり引っ張りました。笑
[PR]
by chun-suke | 2007-03-11 17:23 | 甘味の記録
春本番
c0090380_18382372.jpg

ついに暖かい日曜日がやってきました。
昼からなんだかばたばたとお客様があり、なかなか体がついていかない。笑

雛祭りも無事に終わると、いよいよ春本番。
春休み・GWまで和菓子屋さんは騒がしくなります。

今年は、桜が早いせいかいつもより活気がありますね。

定番の黒ういろ・わらび餅に加え、
季節商品の三色団子に道明寺の桜餅。
新商品の桜麩餅も並びます。

でもあんまり早く桜が散ると、
5月の節句の柏餅まで間が持たないかも…なんていう心配もあり。笑

それ以上に、
街がにぎやかになることがよろしいですね。
[PR]
by chun-suke | 2007-03-04 18:38 | 仕事日記
もうすぐ雛祭り
c0090380_2204544.jpg

きょうはとても天気が良くて、嫁と二人で午後から徳川美術館へ行ってきました。
通常は江戸時代の徳川家に伝わる美術工芸品を展示していますが、
毎年この時期には、尾張徳川家に代々伝わる雛人形が特別公開されています。

とても有名な催しなので、
きょうも平日にもかかわらず、大勢の人がみえていました。

たくさんの雛人形やお道具類は、
広い部屋中に飾られていてそれぞれ表情も動きもユーモラス。
精巧で贅沢なつくりにいつ見ても圧倒されます。

もちろん職人さんの技術もすごいですが、
子供や孫を、大人たちがどれだけかわいがっていたのか大切にしてたのかが感じられます。

きれいなだけでなく、ホンワカしたものが伝わる展示会でした。
4月まで。
[PR]
by chun-suke | 2007-03-01 22:00 | 仕事日記
このページのトップへ