創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ようこそ名古屋に
c0090380_23304323.jpg

きょうは名古屋の街を紹介する番組で、
芸能人の方に当店をご利用いただきました。…ありがたいです。
店の外は黒山の人だかりになり、一時えらいことになりました。笑

・・・・・・・・・・

さて、ご来店されるお客様の中には旅行の途中の方もみえます。
なかでも外国の方が最近多いです。

私も旅行が好きなので、結構エコヒイキしてしまいます。笑

きょうも、中国語と英語と日本語で話しかけていただき、
身振り手振りでよくきいてみると台湾の方でした。

外国の方に日本のお菓子を紹介することは骨折れますが、とても楽しいです。
片言の英語と身振りで一生懸命紹介します。
どこまで伝わってますかね。

宇治金時ミルク白玉カキ氷と大島カキ氷とわらび餅にところてん召し上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやら台湾のガイドブックに、当店が紹介されてるようです。

話には聞いていたので、お願いして実物を見せていただいたら、
大きめの写真つきで紹介いただいてました。(名古屋だけで一冊あるんですね。)

どうやら、日本語のガイドブックを翻訳して再編集したもののようです。

「ワタシも台湾行ってみたいなあ。まだ行ったことないなあ。高層ビルに新幹線。
屋台とディンタイフォンで飲茶とマンゴーカキ氷が食べてみたい。」といったら、
「何で詳しいんだ?」と聞かれ、
「ガイドブック見てる。」と答えて、大笑いになりました。

互いに行ったり、来られたり。
地球は丸いですね。
[PR]
by chun-suke | 2007-04-21 23:30 | ご紹介いただきました。
春すぎて…。
c0090380_22574452.jpg

名古屋栄の本店の写真です。(写真のGAP左となりです。)

最寄り駅は、地下鉄名城線矢場町駅。徒歩3分。
数年前から、ビルの谷間の小さなお店です。

きょう気が付いたのですが、お隣のGAPの看板は、ウチの店よりでかいです。
お近くに着いたら、その看板目指して来てください。笑
[PR]
by chun-suke | 2007-04-19 22:58 | 仕事日記
レッッゴー!
c0090380_09293.jpg

先回お知らせしましたが、今週来週は催事で百貨店さんにお邪魔しています。
4月の百貨店催しは、ここのところ新入社員さんに入ってもらうことが通例です。

(販売台の中から見る売り場の眺めは、
彼女たちにきっと新しい世界に見えるにちがいありません。)

なんどもなんども
「いらっしゃいませ。」と「ありがとうございました。」を繰り返す中で、
自分の仕事をいつもと違った場所で行います。

お店は、どちらかと言えば家庭的ですが閉じた空間と、
百貨店は、人も物もめまぐるしい開かれた場所。

そこでの何気ない会話の中で
お店のことはお客様に教えてもらうことが多いのです。

「…おいしいよ。」と言ってもらえば、誰でも嬉しいですよね。
で、おいしかった理由やエピソードは人さまざま。

きょうでちょうど一週間過ぎました。
この一週間の感想を尋ねたら、「とっても面白かった。」と言ってくれました。

彼女たちのそんな姿勢に、あらためて感謝です。
[PR]
by chun-suke | 2007-04-18 00:23 | 仕事日記
今週は名古屋JR高島屋で催しです。来週は、栄・松坂屋さんで催しです。
c0090380_22312819.jpg

はい。催しの報告です。
只今、名古屋JR高島屋で春の催し開催中。 4/11から17まで。
来週4/18~4/23までは、松坂屋本店で催しの予定です。

催しは、新しいお客様にお店を知ってもらえるありがたいチャンスです。
だから忙しいけど、喜びも大きいですね。

・・・・・・・・・

写真は、催しのときにだけ販売する蕨餅(わらびもち)です。
違いは黄な粉のまぶし方。

通常当店のわらび餅は、表面の乾燥を防ぐために片栗粉でまぶしているのですが
催しのときだけはそのまま召し上がれるよう、
黄な粉を最初からたっぷりまぶしております。

同じ素材でも、多少食べ方が異なるわらび餅。
黒蜜かけて、さっとお召し上がりください。
[PR]
by chun-suke | 2007-04-14 22:32 | 菓子の記録
春の宵
c0090380_22404950.jpg

今日お客さまで、関東からテレビ塔の研究に来られてる学生さんがいました。

名古屋自慢、夜のテレビ塔です。
…きれいですよねえ。

デートにお勧めですよ♪
[PR]
by chun-suke | 2007-04-08 22:41 | 仕事日記
GREEN TEA
c0090380_15141268.jpg

当定番メニューです。
白蜜(ガムシロではないです。)付きで380円です。

それでも苦くて飲めないヒトのために、
まろやかになるフレッシュつけますよ。笑
[PR]
by chun-suke | 2007-04-08 15:26 | 甘味の記録
升にも神様。
c0090380_1553949.jpg

当店では小豆なんかを計るのに今でも升を使います。

和菓子業界では、度量衡も和式です。センチやグラムもつかいますが、
計量単位でいまだに「匁(もんめ)」とか、「寸(すん)」使うお店もまだまだ少なくありません。

日常的に換算してますが、馴れないと結構混乱します。
文化として完成されてるのでまだまだ大事にして欲しいですよね。

いつから使ってるかわかりませんが、
こうして枡の中にも普通に「神様」がいるからです。笑

グラムや、センチに神様は似合わない!?
[PR]
by chun-suke | 2007-04-08 15:13 | 仕事日記
嬉しい紹介。
c0090380_22365871.jpg

今日も郵便物をガサガサやってたら、なにやら硬い封筒発見。
「サーベイ 愛知 名古屋」というガイドブックが届いた。

マップルなんかで有名な昭文社さんの発行で、
以前取材いただいたこと思い出しながらページめくる。
全部で1300件のお店のデータが短い感想付きで紹介されている。

発行元さんのご好意で時々取材いただくのですが、
簡単なお店紹介は店員さんにお願いしています。

なぜなら、いろいろ考えたりしながら
あらためて自分たちのお店の紹介をお話することは、
正直なところ、とてもやりがいがあるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・

こうしたガイドブックのお陰か、
最近では、遠方からのお客様も来ていただけます。

あんみつやカキ氷を、携帯なんかで写真撮ってるお客様も大勢みえます。
中にはお店の外観を写真とっていただいたり…。

これは、遠めで見ていて…結構ドキドキします。笑

試しにPCで「雀おどり」と検索すると、
商品写真付きBLOGでコメントや疑問をいただけていたり。

つながってる実感があって、
ホッとするやら嬉しいやら、
明日の励みになり、読めるのをとても楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、前述のサーベイ愛知に、
ウチの店の紹介ポイントはいくつかありましたが、

「店員の笑顔がとても良い。」というのがありました。

  …これは、これは。  
   
          …一番嬉しいですね。
[PR]
by chun-suke | 2007-04-08 13:36 | ご紹介いただきました。
満開です。
c0090380_1544692.jpg

鶯も完璧に歌えるようになり、
隣の神社の桜も満開です。

私が修行時代にお世話になった和菓子屋さんは、
桜で有名な東京の千鳥が淵の近くにありました。

毎年桜の時期は、
桜餅や団子を求めて大勢のお客さんが訪れ早朝から夜遅くまで仕事してました。
お彼岸から休みなく2週間ぐらいはホントに大変でした。

どこで桜見てても思い出されます。
[PR]
by chun-suke | 2007-04-04 21:31 | 仕事日記
このページのトップへ