創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
いらっしゃませ [お客様と目が会ったら…]
c0090380_18131911.jpg

レジ打ってて「こんにちわ!」とお客様に声かけられました。

こんな場合は知り合いの方の場合が多いのですが、
ちらと、見上げたが…思い出せない。


お客様は、期待に満ちたきらきらして瞳で、覗き込まれる。
「やばい…。」脇の下を冷たい汗が流れ落ちる。

・・・・

こんなことがたまにあります。
仕事柄、非常に多くの方と接することができることが喜びです。

また、お客様の中には
店の外での仕事で助けていただく方や
個人的なお付き合いの中から、
お店に来ていただける方も大勢みえます。

「どれどれ、あ奴はどんな店やっとるのかの~。」
と楽しみに来ていただけたり、

お互い予期せず、旧い友人や同級生に
ばったり会うこともあります。



大変ありがたいのですが、
ここで問題が。

「顔はわかるのですが、名前が思い出せない。」

いつもはお客様が制服着てるので、突然私服だと思い出せない。とか。

こんなときは、元気よくニコニコ全開で
「ありがとうございました!」と言ってます。

…本当にゴメンナサイ。



でも、勇気が無いので
「顔はわかるのですが名前は何でしたっけ?」とは
口が裂けても言えないのです。

憶えてますよ~。って顔して不自然にニコニコしてたら、
かわいそうに思って、名前教えてあげてください。恥

・・・・・・・・

先日、向かいの百貨店で
いつもあんみつを食べていただけるお客様と偶然お会いしました。

私はお店ではいつもエプロンですが、今日は私服です。
どうしよう?と迷いましたが、「こんにちわ。」とご挨拶させていただきました。

一瞬怪訝な顔されましたが、
「…スズメオドリです。」と続けたので、
ほっとした顔で、応対していただきました。

かなり、どきどきしました。笑
でも嬉しかったです。

・・・・・・・・・・・

写真は麩餅です。

夏の季節だけお目見えします。
消費期限は、2日間。冷蔵庫で冷やして召し上がってください。

ふんわりとした蓬の餅に、中は漉し餡です。  

160円/個  480円/3個
[PR]
by chun-suke | 2007-06-23 18:13 | 菓子の記録
痛い。
c0090380_21583936.jpg

情けないことに仕事中に手を切ってしまいました。
朝っぱらから。
缶詰の切り口でつるっとすべり、3センチほど。

…ざっくりと深く。

餡玉も切れない。
水仕事もしづらい。
饅頭包むこともできない。

とにかく、お菓子に触れることができない。

うーん。…何年ぶりだろう。
(10年前に餅つきの石臼で、薬指潰して以来だな。)

気をつけていたのに。

手がかけがえのない存在であることを、
時々思い知らされます。

「当たり前」を、大切に。
[PR]
by chun-suke | 2007-06-06 21:58 | 仕事日記
このページのトップへ