創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
全員集合
c0090380_170429.jpg

20代の頃お世話になった和菓子屋さんが、建て替えをすることになりました。
来年の秋には、新しく10階建てのビルになるそうです。

そこで、一緒に働いた仲間が声かけあって集まることになりました。
工場(こうば)で仲良く飲み会です。

東京の千代田区九段にあり、
50年間以上、和菓子屋とだった木造2階建ての建物からは、
13年前に修行として3年間住み込みで働いた
懐かしい時代が思い出されます。

仕事のこと、呑みに行ったこと、楽しいエピソードの合間に
苦労話を思い出しながら、話題はどんどんあふれてきます。

それぞれ別の職場で過ごす懐かしい人や、
今も現役で一生懸命支えている人たち。
自分より前に青春時代を過ごした人たち。

50年も前から店を守ってきた旦那さんや奥さんを囲んで、
旧知の人も、初めてお会いする先輩も大勢で、
一緒に過ごした場所の、暖かい途切れない思い出話を語り合いました。

自分にとって、大事な人がいることを確認できた、
お互いにとって大事な時間であったことが発見できた、
すばらしく、魔法のような時間を体験させてもらいました。

受け継がれてきたものは、これからも受け継がれ、
仲間の大切な瞬間は、仲間を大切にした人にだけ訪れます。

ありがとうございました。
[PR]
by chun-suke | 2008-06-29 17:16 | 仕事日記
初夏の書家 
c0090380_15501095.jpg

矢野きよ実さんが来店されました。

名古屋を中心に活躍されているタレントさんで、
テレビ・ラジオでよくお見かけしますが、最近は書道でもご活躍のようです。

ご挨拶して、いくつかお話しさせていただくうちに、
お店にご自身の書を飾っていただけることになりました。

まずは7月末まで、店内に4点飾っていただいています。

ありがとうございました。
[PR]
by chun-suke | 2008-06-29 16:58 | 仕事日記
僕らが旅に出る理由
c0090380_18271426.jpg

「和菓子について、どうおもっていますか?」と、質問をいただいたことがあります。

その土地を代表するお菓子は、世界中何処の街にでもありますし、
和菓子もそのひとつです。

長い時間、多くのお客様に慕われてきたお菓子、
作り手に支えられてきたお菓子は、どれも美味しいです。

多くの人に喜んでいただける。
そんな仕事にたずさわることができて、とても幸せです。
[PR]
by chun-suke | 2008-06-21 18:33 | 仕事日記
成せばなる。 【英語メニューつくりました。】
c0090380_16523317.jpg

当店には大勢のお客様がみえます。
とてもありがたいことです。

外国からお客さまが来店されることも増えてきました。
旅行者同士であったり、友人を連れて日本を案内して周ってたりとが…。
なんだか日本代表になった気がして、とても嬉しいですね。

どんなお顔で、お抹茶を飲み、
どんな表情で、お饅頭召し上がるのか、とても興味があります。

・・・・・・・・

これまでは、
身振り手振りで何とかしようと汗をかきかき一生懸命やっておりましたが、
回数が増えるにつれて、責任も感じて、だんだんつらくなってきました。

また、内容のの説明は、特殊な言葉も多く、知識も必要で、
流暢に喋られる方でも、四苦八苦されているようです。

(そりゃ、ぜんざいや白玉の原料なんて、
ふつう日本語だってうまく説明できないですものね。)

そこで、このたび英語のメニューをつくってみました。
(私が和英辞書見ながら作成したものなので、はなはだ心もとないですが。)

ぜんざいは、Hot red grain paste soup.
お茶漬けは、Ricebowl with soupstock.   で、 いいんでしょうか…。

ちなみに写真の蕨クリームあんみつは、
Bean paste with agar/ fruits /ricecake / bracken cake /icecream .
Choice brown syrup or syrup.

万事こんな調子です。 (無いよりは、マシ程度ですか) …冷汗
十分ではないと思いますが、ご活用ください。

・・・・・・
 
生菓子の説明とかになると、まだまだ格段に難しいです。
この間も、くず饅頭について大汗かいて説明していたら、

「私、KUZU知っている。 きのうカナザワで食べたよ。レモンみたいな味がするんでショウ。」
と英語で言われて、しばらく悩んだのですが、、

「そりゃ、YUZUやんけー。」と、大笑いになりました。
[PR]
by chun-suke | 2008-06-21 17:11 | 仕事日記
金魚羹
c0090380_1647751.jpg

またまた夏になり、金魚羹の季節がやってまいりました。

お店でじっくり販売しておりますが、
発送も承ります。
250円/個  750円/三個  1000円/四個

賞味期限 10日間

ちなみに店の池にも、新しい仲間が増えました。
(金魚じゃなくて、錦鯉ですけど。)
[PR]
by chun-suke | 2008-06-21 16:45 | 菓子の記録
入梅
c0090380_1635557.jpg

またまた梅の話。ではありません。

毎日毎日雨が降りますね。
雨の日は嫌いではありませんが、やはりお店がすこし静かになってしまいます。笑
[PR]
by chun-suke | 2008-06-21 16:36 | 仕事日記
梅干
c0090380_16215254.jpg

雀おどりでは、あんみつやぜんざいなどの甘味の他に
おむすびや、お茶漬けなど食事も採ることができます。

おむすび定食は三個と、味噌汁(もちろん赤味噌!)がついていて、
それぞれ梅干・塩鮭・しぐれが入っています。

またお茶漬け定食は、梅・塩鮭・しぐれ・のりの中から選んでいただけます。

どちらも梅干を使うのですが、
実はこの梅干も自家製の物を使っています。

一年に一度、梅雨に入る少し前にたくさんの梅が段ボール箱で届きます。
それを紫蘇と塩もみして、いくつかの箱に分けて入れてあります。

今使っている梅は、2年ぐらい寝かせてありますね♪

ちなみに結婚した年に漬けた梅は、
嫁が少し分けてもらって、今も大切に自宅の押入れに保存しております。

先日梅干だけ分けてくれとお客様に言われて、嬉しかったです。笑
なんか、面白いですね。
[PR]
by chun-suke | 2008-06-21 16:31 | 仕事日記
このページのトップへ