創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Were on a road to nowhere.
c0090380_20244111.jpg

きょうは、プライベートで少しドライブです。

名古屋から高速道路で、約2時間。
北陸越前は、永平寺に行ってまいりました。

750年もの間、たくさんの人の迷いに応えてきた心強い所です。
いまも200人以上の雲水さんが、修行する現役の道場です。

雲水さんは日常を捨てて3年毎に、
厳しい修行するそうです。

ちなみにみなさんも予約をすれば、
お坊さんの法話が聞けて、座禅・写経もさせてもらえます。

私はたった3時間で、たくさん打ち明け話してきました…。笑

人間は変わらないことに気づかせてくれて、
安心させてくれるような気さくな面もある、禅の総本山でした。

ありがたい。


 
[PR]
by chun-suke | 2009-07-28 20:27 | 仕事日記
レトロさんぽ 名古屋・愛知編
c0090380_20175746.jpg
c0090380_20181666.jpg


「レトロさんぽ 名古屋・愛知編」 に、雀おどりも「金魚羹」で参加させてもらいました。 

なごや近辺の、ちょっとレトロでモダンなお店や場所が一杯紹介されています。
なんかホンワリと街とヒトのぬくもりが伝わるような。

ちょっと素敵な、お出かけしたくなるような観光ガイドです。

ありがとうございました~。


 レトロさんぽ 名古屋・愛知編    リベラル社 1400円
[PR]
by chun-suke | 2009-07-28 20:22 | ご紹介いただきました。
大島の水饅頭 こしあん
c0090380_19531683.jpg


大島の水饅頭。
2009年夏の新作です。

黒蜜仕立ての水饅頭生地に、さっぱりとした漉し餡。
金粉寄せ。

ねっとりとした切れの良い風味が、特徴です。


ちなみに「大島」は、黒砂糖の別称です。
和菓子屋では、材料を、主産地名で呼ぶすることはよくあります。
例えば、「宇治」 =抹茶  「吉野」 =葛 みたいに。

夏の定番になれるかな?

:大島水饅頭 210円 
 発送不可




 
[PR]
by chun-suke | 2009-07-28 20:00 | 菓子の記録
geki-sya!
c0090380_1949181.jpg


バシャ!…ピピピピピ。 です。

みなさん、子供の頃、何になりたかったですか?
私の憧れは、カメラマン!

カッコええですよね。

撮っていただくとワクワクします。
被写体は…カキ氷ですけどね。 ウチのバアイ。 笑
[PR]
by chun-suke | 2009-07-28 19:50 | 菓子の記録
まいまい狂言会
c0090380_8501485.jpg

狂言師の 野村小三郎さんに声かけていただいて、
まいまい狂言会に参加してきました。

まいまい狂言会は、主婦ボランティアの方が中心になり、
自分たちの子供と、野村小三郎さん親子が一緒に伝統芸能「狂言」に親しむ会です。
http://sites.google.com/site/maimaikyougen/

l今回は、名古屋能楽堂に親子450名の参加で行われました。

ちなみに狂言とは、奈良時代に伝わった「散楽(さんがく)」が、
650年間で、お笑いやせりふ劇が発展したものです。
ユネスコの世界遺産にも登録されている世界に認められた伝統文化です。

…が、そんな堅苦しいことは抜きで、

「柑子俵(こうじだわら)」という演目で、
子供たちの歓声に包まれた野村親子の競演を見たあと、

木曽檜を贅沢に使った伝統文化の聖地・能舞台の上で、
親子であがって大きな声で、発声練習している様子です。  笑

みんなも伸び伸びと大きな声が出てますよ~。

大きな声って、気持ちイイねえ!
狂言の魅力、わかりやすく多くの人に伝わりました。


ちなみに野村さんのご好意で、「一口ういろ」を配らせてもらいました。
「ういろも美味しいね!」っていってくれるお母さんや子供たちが
一人でも増えてくれるといいなあ。


野村さんご家族のみなさま、
貴重な体験ありがとうございました。
[PR]
by chun-suke | 2009-07-27 09:06 | ご紹介いただきました。
ついにマンガになりました。 月刊 オフィス・ユー
c0090380_8391699.jpg
c0090380_839375.jpg
c0090380_839579.jpg



「ぐっさんち」でご一緒いただいた スイーツ王子 芝田山親方が主人公のマンガに
雀おどりの「金魚羹」が登場しました。

先日の取材のときに、「お、この金魚のお菓子かわいいねえ ♪」
と言っていただいたのが、縁でした。

ちなみに大きな体の親方が手にすると、何でも小さく見えます。

ありがとうございます~。

金魚羹 三個入り 750円 
:地方発送可能 (6月~8月)

c0090380_19473688.jpg

[PR]
by chun-suke | 2009-07-27 08:45 | ご紹介いただきました。
ぐっさんち
c0090380_9433993.jpg


8月1日(土)の 「ぐっさんち」 で、ウチのかき氷をご紹介いただきます。
ぐっさんちは、東海テレビの番組で、山口智充さんが友人と
気さくに名古屋周辺を案内する人気番組です。
http://www.tokai-tv.com/gussan/

撮影には、山口さんと、元横綱大乃国 スイーツ王子 芝田山親方がいらっしゃいました。

山口さんは、10年位前にも取材できていただいて今回2回目でしたが、
お店に入っていただいた瞬間に、「あ、僕ここ来たことある!」
と、覚えていただいて嬉しかったです。

いろんな方と会ってらっしゃるのに、即座にそんな言葉でご挨拶される姿は、
テレビのイメージ以上に礼儀正しくきちんとされています。

収録では「大島金時ミルクわらびクリーム氷」を召し上がっていただきました。

自分で言うのもなんですが、私も自慢のおすすめの品で、個人的にもよく食べます。
大島(黒蜜)と、ミルク(練乳)、金時(つぶ餡)の食べあわせが最高なんです。

芝田山親方も、さらさらかき氷に入っている、
冷えひえのわらび餅を喜んでいただき、
「好きなものは先に食べるか、あとにとっておくべきか?」と、
二人とも大きな体で向かい合って、かき氷について熱く語っていただきました。 笑


帰り際に10年前と変わらない気さくな感じで、もう一度大きな手で握手いただきました。
いつでも本当に人を喜ばせる人は違いますね。



来たれ、スイーツ男子の挑戦求ム。

あ~ 。 もしかしたら放送は、東海地区限定です。
[PR]
by chun-suke | 2009-07-24 09:20 | ご紹介いただきました。
雀おどりカキ氷会 開催
c0090380_9214662.jpg


唐突ですが 雀おどりカキ氷交流会 を開催します。

まだ7月中旬なのに毎日暑いですね。
先日行われた大ナゴヤ大学に参加された学生さんから、
ミクシー経由で、また交流会を開きたいという嬉しいお話をいただきました。

先生という分不相応な立場ながら、私も楽しかったお客さまとの交流。

そこで、せっかくですから、ただ交流するよりも、
「いつか食べたかったカキ氷」というテーマで、手づくり開催させていただきます。

実は、先回の企画で「未来のういろう」という企画で、
皆さんに自由に想像いただいたういろうをプレゼンしていただきましたが
とても斬新なアイデアが多く、非常に刺激になりましたが、
どうしても絵でのみの発表になりました。

今回はカキ氷ですので、氷が溶けるまでの間、
その場で実現可能です。

当店でご用意している器や、ソース・トッピング以外にも
お好みの器やソース・各種トッピングを持ち込み可能です。

今までにない、美味しそうで斬新なカキ氷を完成させて、
マニアックに楽しみませんか?

先回の大ナゴヤ大学の受講生だけでなく、
これまでの雀おどりのお客様、ご紹介いただいた方など、
参加は基本的にカキ氷ファンなら、どなたでも参加可能です。

応募される方は、
雀おどりに お問い合わせよりメール送ってください。

「かき氷会参加希望」として、
氏名・住所・年齢・ご職業・電話番号・メールアドレスをお知らせください。

締め切りは、とりあえず8月10日まで。

※ お店が狭いので、定員は20名ぐらいでしょうか。
  応募者多数の場合は抽選になります。ご了承ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

001.gif 雀おどり カキ氷会 

開催日 2009年8月27日 木 19:00~

内容  参加者の交流を目的にして、自己紹介いただきます。

     「いつか食べたかったカキ氷」をテーマにして、
     ご自分でお好きなカキ氷を作っていただきます。

     当社にある具材を使用いただくことも可能ですし、
     オリジナルの器や、ソースを持ち込んで作っていただくことも可能です。

参加費 800円


また今回の開催についてのご意見・ご要望などありましたら、
コメントでもよろしくおねがいします。
[PR]
by chun-suke | 2009-07-17 09:37 | 仕事日記
このページのトップへ