創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
カキ氷会開催!

c0090380_23241085.jpg

c0090380_2329158.jpg
かねてから申し込みいただいたカキ氷会開催しました。
ういろ会に引き続き、多くの笑顔とヤル気いただきました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
今回は、みんなで夢のオリジナルのカキ氷作成です。

今回も、事前の期待感から皆さんのテンション爆発。
とてもじゃないですが、思いつかないメニューの数々。

つくりこみの激しいカキ氷から、朝摘みのゴーヤや杏の自家製蜜煮で持ち込んだもの。
わざわざ京都から持ち込んだ金平糖や、スナック菓子・そうめんやお酢を使ったかき氷。
グレープフルーツのジュレをかけたものや、プリン入りのカキ氷まで。

美味しそうなものから、ビミョーなものまでを、
いろんな形の器に盛り上げて、みんな子供みたいにたのしくできました~。 

それでも、全部完食は立派。 

c0090380_2319587.jpg

c0090380_2321166.jpg


ゲストの常滑の大蔵餅様、ういろう会よりひき続き参加いただいた
餅文さまありがとうございました。
イチジクのカキ氷、おみやげにいただいた栗ういろ。
どちらも大好評でしたよ。

みなさんとの楽しい思い出が、雀おどり文化?を創る。     …かも。    笑
[PR]
by chun-suke | 2009-08-28 23:04 | 仕事日記
残暑
c0090380_8412167.jpg

お盆はすっかり終わりましたが、まだ8月も一週間残ってます。

秋にはまだ早く、夏には遅いこの時期。
毎年、菓子屋としてどう過ごすか悩むところです。

こんな寂しい気分になるのは、四季の中でも夏だけですものね。
夏が残ってて、「残暑」とは、うまいこと言ったものです。

今週来週となごや栄では、お祭りが続いて行われて、
過ぎていく夏を惜しみます。

写真は金魚羹の仕込み風景です。

夏のお菓子も、従来の店頭だけでなく、
今年はネット通販や電話注文で遠方からも買っていただきました。

ありがとうございました。

8月末まで一応販売予定ですが、早めに終了することもありますので、
注文だけはお早めにいただけると助かります。

よろしくお願いします。
[PR]
by chun-suke | 2009-08-20 08:52 | 仕事日記
満員御礼につき
c0090380_17302652.jpg

以前より告知していた8月27日夜のかき氷会。
おかげさまで満員御礼(といっても15名ですけど)につき、募集を締め切ります。

申し込みいただいた皆様ありがとうございました。
中には、とってもアツイ文面でいただいた方もお見えになり、
当日が楽しみです。

今回は、かき氷好きの交流が目的です。
自己紹介の時間もありますので、よろしくお願いします。
お申し込みいただいた方には、来週、案内メールを送ります。

ちなみに今回は、以下の内容で開催します。

■ 夏の終わりに… 雀おどりのカキ氷会

日時 2009年8月27日 19:00~21:00  雀おどり閉店後
場所 ㈱雀おどり總本店 本店 
     名古屋市中区栄三丁目27-15  電話052-241-1192
料金  800円
人数 15名ぐらい…
参加条件 特になし (事前に申し込みいただくこと、かき氷が好きなこと。)

内容 カキ氷をテーマにして様々な角度で楽しんでください。
    そこからお互い新しい発見があると嬉しいです。

・ご挨拶 ゲスト紹介
・参加者自己紹介。 各2分
・カキ氷の歴史・背景。
・一人づつ自分のオリジナルのカキ氷の実現に自由にトライしてみる。
( お好きな具材を使ってみる。器・具材・トッピング・蜜など持ち込みもOK! 
夢に見た最高のカキ氷を完成させよう。 )

   ・ 懇親会 場所を移します。  21時~
 

◎当店で出来る準備  それ以外は、お持ちください。
 ◆蜜 ソース:  抹茶・黒糖・せんじ・梅・オレンジ・イチゴ・練乳 など
 ◆トッピング:  白玉・わらび餅・小豆ぜんざい・寒天・葛饅頭・水羊羹・フルーツ・
アイスクリーム 他

告知方法  雀おどり總本店ブログ・大ナゴヤ大学MIXI ほか

申し込み方法は、弊社HP「お問い合わせ」からのメールのみ。
(どうしてもという方は、週末8月15日までにお申し込みください~。)
  
氏名 年齢 職業 住所 電話番号 メールアドレス 明記の上

よろしくお願いします。
[PR]
by chun-suke | 2009-08-11 17:39 | 仕事日記
図案を変えてみました。
c0090380_1817219.jpg

ういろの掛け紙のデザインを変えました。
黒糖・白・抹茶・桜・小豆の5種類です。

黒ういろ 沖縄黒糖たっぷりです。           
白ういろ 自然の米の風味。                
挽茶ういろ 西尾産のお抹茶がしっかり利いてます。
桜ういろ 桜の花をすりつぶして入れています。    
小豆ういろ 十勝小豆の自慢の粒餡を入れました。  

今後も変わらず、よろしくお願いします。

雀おどりのういろ 全5色
    各350円  税込
    賞味期限 12日間
    保存方法 常温にて
[PR]
by chun-suke | 2009-08-08 18:19 | 菓子の記録
ういろブラザーズよ、ふたたび。
c0090380_17573310.jpg
c0090380_17565090.jpg


先日の大ナゴヤ大学の方のお誘いで、ラジオに出演させてもらいました。
またまた餅文さん、青柳ういろさん、大須ういろさんご一緒に。

これからも名古屋で、ういろ屋をやっていく大事な仲間です。

良いご縁をいただきました。
[PR]
by chun-suke | 2009-08-07 18:01 | ご紹介いただきました。
残暑お見舞い申し上げます。
c0090380_17511865.jpg

今年は8月に入ってやっと梅雨が明けたと思ったら、もう立秋。
夏は短いですが、まだまだ暑い日が続きます。

中部国際空港で写した、「弥富の金魚」です。
たぶん「らんちゅう」ですかね。


…ところで、金魚は水槽を「狭いなあ」と感じているでしょうか?
あんがい「こんなもんだ」と気楽に泳いでいるんではないか?


なぜなら、ウチのお店の小さな池にすんでいる鯉にしても
あんまりストレス感じてるようには見えませんし。


魚は、暮らしている水槽や池の大きさ以上には、
けして大きくならないそうです。

だから同じ種類の鯉でも、
広い池で飼うとびっくりするぐらい成長します。

そこら辺、走り回れる広い世界とのつながりを
知ってしまっている犬なんかとは、すごい違いなんでしょうね。



与えられない自由を求めて始終吼えてる犬の生き方と、
落ち着きはらって与えられた水槽にあわせて泳いでる金魚の行き方。


どっちが幸せなのかな? と。
あ~、こんなこと考えるのも、やっぱ暑さのせいかしら…。

・・・・・

連日の暑さにお客様でお店の賑わいは例年以上。
大勢の方に訪れていただく嬉しさ。

仕事はただ忙しく。厳しい季節です。

雀おどり社員・スタッフ一同お体お大事に。
もちろん、…お客様も気をつけてお越しください。


名古屋の夏は、カクベツ暑いです。 
[PR]
by chun-suke | 2009-08-07 17:54 | 仕事日記
栄ミナミ 盆踊り
c0090380_17443547.jpg

栄ミナミ地区の矢場公園で、盆踊りがありました。

最近こうした行事を復興させて地域の人と人をつなげるような
名古屋の栄でも取り組みがはじまっています。

大きなビル(ナディアパーク)を背にして、輪になって踊る姿は、
街中ならではですね。

こだまする太鼓の音と、歌声でやさしく踊る人影。
おかげさまで、素敵に夏が過ぎていきますねえ。

ありがとうございました。
[PR]
by chun-suke | 2009-08-07 17:49 | 仕事日記
このページのトップへ