創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ

ライフ イズ ビューティフル!で、いきましょう。
by chun-suke
カテゴリ
全体
菓子の記録
甘味の記録
仕事日記
求人情報
ご紹介いただきました。
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
お雑煮は適当に自分で作り..
from ハムログ
花見団子2
from 和菓子について語る
雀おどり總本店 / 名古..
from 旅とお散歩、あちらこちら
ふこー。
from ハムログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
青風透過 もてなしの和菓紙/永田哲也作品展
c0090380_1948365.jpg

東別院のリアルスタイルの鶴田社長からお誘いいただきました。

永田哲也先生のイベントです。
先生は、和菓子の木型と和紙の組見合わせでみごとな作品を作られます。

写真から判りますか?

頂上のの鯛や鶴。中央の翁も、
本来は、落雁などを作るために使われていた木型を使って、
和紙素材で作ってあります。

先生は、現在ではあまり使われなくなった木型を探して
同時に全国の菓子屋を廻っているそうです。

特に中部地方・知多半島では、
船を作ったときに大きな鯛の落雁を作るなどの
漁師町ならではの習慣があったなど、そこから地方の生活も透けて見えるような。

ふーん。

近頃では生活様式や行事のの変化で使われ方も代わり、
実際の和菓子作りでは注文もなく、なかなか使う機会も少ない木型ですが。
こうしてみると壮観ですね。

結婚式や落成記念などのお祝い事で良く使われたと思われます。
だいたい昭和20年代から40年代ぐらいが最高だったのではないでしょうか?

今では使われない木型が、
わが社にも、いくつか眠っています。

使われている和紙は1000年持つそうですが、
充分鑑賞にも堪えられそうです。
鱗や羽など、細かい筋や彫り込みの表現も最高です。
まるで飛び出してくるような躍動感さえありますね。

c0090380_20154850.jpg


しかし菓子型であるゆえ、どんな丁寧で手の込んだカタチも
本来は、一瞬で食べてしまうもの。

先人達は、こんなにすばらしく作り込まれたものを
鮮度のいい素材や味で楽しんだんですね。

これらが食べられるお菓子だったらと想像すると
気持ちの動きや、瞬間の儚さや、贅沢さが感じられます。

活き活きしたカタチが、
遠い日の文化の「化石」や「墓標」とならないように。

あらためて歴史の中で熟成された
和菓子のに携わった先輩の志や目線の高さに、驚かされました。

鶴田社長、永田先生、ありがとうございました。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-23 19:55 | 仕事日記
給食用わらび餅 ♪
c0090380_19372285.jpg

給食用のわらび餅を注文いただきました。

清須工場のある、清須市の保育園向けです。
お店に出すものと同じわらび餅を
園児の数だけ小さめ切って、黄な粉をかけてお出ししました。

実は、私の母校(保育園だけど)だったりして。
いろいろな意味で、嬉しいお仕事です。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-23 19:37 | 仕事日記
夕暮れの国
c0090380_1322996.jpg

夕方です。

昨日、お店番していたら東南アジア系の旅行者の方4名がご来店。
甘いものが食べたいのだが、メニューでお店のお薦めをくれと。

聞けば、マレーシアから今朝名古屋に着いたんだけど。

おお!マレーシアと言えば、
甘くて冷たいデザートの本場じゃないですか!
黒蜜も、ワラビ餅などのでんぷん系メニューもあちらから!

    これは、心してお迎えせねば…。なんつって。笑

ちょっとでも日本らしさをお伝えしようと、
宇治金時ミルククリームのかき氷と
黒蜜と黄な粉で楽しめる蕨わらび餅、
小倉餡と白玉を召し上がる小倉クリーム白玉の3品をお届け。

少しどきどきしながら見てました。

  あ、なんか、こっちに向けて親指立ててる。
        …気に入ってくれたみたい。



そしたら、リーダーっぽいお客様が立ち上がってこちらへ。

ん?何でしょうか?

「アノー、靴屋探シテルンダケド。」

「あ、はいはい、お買い物ですね。ちなみに隣の靴屋は如何でした?」

「ウーン。」


(判りますよ~。旅先で靴欲しい気持ち。
  私も、学生時代LAでレッドウイングのエンジニアブーツ欲しくて、
  地球の歩き方読んでバスに乗って買いに行って、
  すごい寂しい店で、エライ怖い目にあったことありますからネ。
  イタリアでもフランスでも靴欲しいですよね。
  でも、いまどき靴はだいたい東南アジア製ですけど…。)


「そこら中に、靴屋はありますが、どんな靴をお探しですか?ブランドは?」

「エイシックス!!」

「エイシックス? おおっアシックス! オニツカタイガー!
 確かに普通の靴屋はあんまり種類が無いけど、すぐそこに専門店がありますよ!」

手書きの地図書いて渡してあげたら、大喜びでした。
日本のスポーツブランドが大好きな様子で
ジャケットもヨネックス!

スキップしそうに店を出て行く彼を見ながら、
以前、海外に出かければ素敵なものがあると信じて
買い物していた昔の自分を見てるようで懐かしさ半分。

日本で買いたいものがあって、良かったなあと思いました。



アシックスかあ。
中学生以来買ったこと無いな。

…今度買ってみようかな?

 
[PR]
by chun-suke | 2010-05-17 14:55 | 仕事日記
清須市新川清掃
c0090380_9243661.jpg

天気いい日曜日でした。

工場のある清須市を流れる新川護岸の清掃大会に参加しました。

やー新川って、私生まれ育った場所なんですが、
周囲を染物工場や機械工場に囲まれているため、
子供の頃からお世辞にもきれいな川ではなかったです。

朝晩の登下校は必ず川沿いを歩いて学校に行くのですが、
行きと帰りで川の色が排水で違っていたり、
向こう岸とこちら岸でツートンカラーだったり。笑
汚水で頭が二つある鮒が釣れたとか、
一度飛び込んだら、ヘドロで2度とあがってこれないぞと脅されたり。

ま、それでも夏の朝はウシガエルが大きな声で鳴いていたり、
カミキリムシが採れるイチジクの木が植わってたりして
冬の朝は、川から湯気が上がっていたり。

なかなか情感も思い出もあります。


昨今は、川の水もずいぶんきれいになりました。

護岸工事も大幅に進んできれいになったんですが、
それでも車から「ポイ捨て」が後を絶たず、
草むらの中にずいぶんゴミが落ちていました。

ごみ拾いって、
やっぱりごみ捨てる人に怒りを覚えるんだろうか?とか、
危険なんじゃないか?とか、いろいろ心配したのですが、
別段、そういったことも無く。

感想は、終了後のバーベキュー会も含めて
いろいろ心遣いいただいたので、楽しかったです。


5年後は、鮎が遡上する川を目指すそうです。
ホントでしょうか? 笑

200人ぐらいで参加したのですが、
終わった後の爽快感は、堤防がきれいになった以上でした~。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-17 09:30 | 仕事日記
キャプテン・フューチャー
c0090380_19434491.jpg

GWも終わって、街も落ち着きを取り戻しつつ。
それでも、週末は大勢のお客様に来ていただけます。

葛饅頭にカキ氷。
昨年から始まった黒糖水饅頭などすでに人気。
5月末からは、金魚羹も発売される予定です。

お召し上がりいただくメニューも徐々に夏向けのものになり、
毎年変わらないことなのですが…。

お客様の買い物の仕方には、年々の変化が感じられます。

例えば、席についてからメニュー開く前に、
左手の携帯電話をサッと一撫で。

で、次々サッ、サッ。と一撫で。
で、ジーと画面見つめてます。


「あ~。ブログかHPみてる。もしかしたら、口コミアプリ読んでる?」

なんて、こちらはどきどきします。笑

続けて、「注文するのは、あれとこれにしましょう。」
と、家族の分も携帯持ってる人が、ピックアップ。笑


ちょっと前までは、
召し上がる前に携帯電話で写真をパチリ。と撮って、
そのまま写メやブログにアップしてるお客様が増えました。
店頭で、お店の写真取るお客様も。

(私も時々、「雀おどり」で検索が欠かせません。)


特に近頃は、写真や機能が使いやすくて、
注文前におススメメニューや欲しいもの(買うべきもの?)の確認まで、
同時進行で進めるお客様を見かけることが多くなりました。


で、食べながら、次に行く(べき?)
お店の情報や道順もGPSでその場で確認されています。

すごい。


一年前にストリートビューで、
地球儀のスケールから、南大津通りのウチの店頭写真画像見たときは
ひっくりかえるくらい驚きましたが。

それもすぐに当たり前になりました。

時には、私たちよりお客様のほうが詳しそうなときもあり、
次から次へと、名古屋の名店や買い物を続けて行かれる姿は、
チェックポイントを、どんどんクリヤーしてゆく
ものすごいハイテクなオリエンテーリングみたいで微笑ましいですが…。


こちらとしては、せっかくだから
「ちょっとお話してみたいなあ。」とも、思います。

なぜなら、それが私たちの「楽しみ」だからです。


・・・・・・・



買い物や旅行の仕方も、ずいぶん様変わりしました。

ホームページや、ブログなどでたくさんお知らせしたいですが、
やはり、全部お伝えすることはできません。

また、デジタルは忘れることがないので
何年分かの情報を積み重ねて、一見たくさんあるように見えます。

それでも、
毎日毎日同じようにういろを蒸し揚げて仕事にしている私たち。
同じ季節に、同じようにかき氷を作り、アンミツを作ります。

デジタルのように
積みあがって沢山にはならないですが、
なんとかおいしいものを作りたいと思い、
何とか喜んでもらえるようにと考えています。


載らなかった情報も、
時には載せてない情報もあります。


旅の醍醐味は、確かに口コミにあると思いますが、
それを検索するだけでは、面と向かってるのに、

なんだかもったいないような…。


そのときだけのナマのお話。

「発信」ではない、今の「気持ち」があるかもしれません。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-17 09:15 | 仕事日記
麩餅が始まる季節です。
c0090380_1825386.jpg

慌しいGWも終わり、ほっと一息つける週末です。

窓を開け放していても、暑くも寒くもなく。
一年間で一番気持ちのいい季節が始まりましたね。

ちまきや柏餅の販売も終了して、
店頭から姿を消し、
笹の葉でくるんだ麩餅が、きのう例年通り始まり、
今日からは、葛饅頭が始まりました。

昨年から、雀おどりの葛饅頭は職人の好みで
抹茶餡と、紅餡の2種類が用意されています。

歴史を大事にしながら、
毎年成長した分だけ、少しづつ変わっていける。

そんな栄の菓子屋であり続けたいと思います。

これからも。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-09 18:32 | 菓子の記録
中日新聞 5月8日
c0090380_17433456.jpg

ご紹介いただきました。

今回は地元最大手の中日新聞ですので、
記事になったあと、
お客様や知人から、店頭で直接お言葉や
たくさんのお電話をいただきました。

また、お店に来たお客様に
じーっと見られてる気がしたり。

懐かしい方からお言葉をいただけたりして、
望外にありがたかったです。

予想していたより写真が大きくて、
大勢の方に、見ていただけました。

・・・・・・・・・・

大変嬉しく思いますが、
長い間仕事してきておりますので、
これまで失敗や、
お客様からお叱りを頂戴した経験もありました。

全部の方にお詫びしきれていませんので、
恥ずかしい気も多分にいたします。

喜んでいただけた方、そうでもない方、
中には、さまざまだと思いますが。

まだまだ未熟な私と雀おどり一同。


ご期待に背かないよう、多くの方にご満足いただけるように、
これからも、「心に残る店づくり」目指して
尚いっそう気を引き締めてお仕事させていただきます。

ご指導、お引き立て、
よろしくお願いいたします。
[PR]
by chun-suke | 2010-05-09 18:09 | ご紹介いただきました。
このページのトップへ